既に他の言語をマスターしている

たくさんある言語の中でもPythonはWebエンジニアを目指す人にとって、近年では必要不可欠な言語になりつつあります。
なぜならWebの中、Lunixの多くの箇所でシステム言語として用いられているのを良く見かけるからです。
Pythonがなぜここまで多くの人に支持をされているのでしょうか。
それは可読性の高さからきているように思います。
可読性の高さから多くの技術系書籍のサンプルコードとして用いられています。
また、科学技術系分野におけるエコシステムとしてはかなり充実しています。
それにあわせて開発も進んでいく「Python」を、利用しない手はありません。

既に他の言語を使いこなしているエンジニアやプログラマであれば、Pythonの取得はあまり時間がかからずに出来るでしょう。
特にRubyなどに慣れ親しみ、ましてRuby資格認定者などであれば、「1週間ほどで読み書きが出来るようになる」、とも言われています。
このような情報を聞くと、かなり入りやすい言語のように感じられます。
更にPythonのWeb上にあるチュートリアルドキュメントが人気であることも理由だと思います。
このチュートリアルが費用がかからず、勉強を開始することが出来るものだからです。
もちろん日本語で書かれていますので、誰でも試すことが出来るといった魅力も人気の一つだと思います。
Pythonエンジニアとして学ぶには、時間的にも費用としても手軽に始めることが出来るものですので、仕事をしながらでも取得は可能ではないかと思います。出来るだけたくさんのスキルは身に付けておく方が良いので、興味を持ったら始めてみると良いのではないでしょうか。

PS
さあ、プログラマーがさらに言語を覚える方法をお伝えしましたが、ここに聞け、プログラマーになる方法を説明していないことを気づきました。
それは、このブログで説明すると、また追加でおなじくらい文章が必要なので、今更きけない「プログラマーになるには?」を見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*