どのような業務内容か

Javaエンジニアとは違い、Rubyエンジニアに求められる業務内容はどのようなことが多いのでしょうか。
近年はRubyエンジニアの求人も増えてきており、求人内容も比較的似たような内容のところが多くなっています。
ここでは一番多く求められている内容とはどのようなことでしょうか。

まず動画関係の業務内容が多いようです。
複数の動画を同時に再生させるアプリ開発などが多くなってきています。
これはスマートフォンの普及率が上がってきていることに関係しているのかしれません。
iPhoneなどは特に専門のアプリが必要ですし、常に新しいものを開発しなくてはユーザーに飽きられてしまいます。

このようなアプリ開発に関わる場合、少人数から中規模の人数でのプロジェクトチームでの業務になります。
チームの他のスタッフとコミュニケーションをとりながら開発をしなくてはいけませんので、独りよがりにならないような人間性も必要になってきます。

特に重宝されるスキルとしては。動画や独自のAPI、JSONの経験があると強みになりそうです。
もちろんAndoroidやiPhoneでの開発経験があるとより重宝されます。どちらも出来る方が強みなのはわかることだと思います。
関わったアプリが市場で配信された経験があるとなお良いようです。
他にはデバイス周りの動画やサーバ通信などの経験もあると良さそうです。
Rubyを利用することでLamp環境でのサーバー再度開発経験があるとより有利です。
もちろんRuby on Railsを使っての開発経験も必要になります。
他にはVersionの違い、機種依存についての理解が出来ていないといけませんし、NDKなどを使用した組み込みの開発経験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*