それぞれの特徴

スクリプト語の特徴はなんでしょうか。
Perlはスクリプト語で、JavaやC言語のようにプログラムを実行しようとするときに、手動でコンパイル作業をする、といった必要がないものです。
Perlで作ったスクリプトは実行を素早く行うことが出来ますし、何度でも書き直す必要のあるプログラムではこれは大変便利で有意義なものになるのではないでしょうか。
余計なことを考えることなく、プログラムに集中して作ることが出来ると、業務時間の短縮にもなります。
Perlエンジニアにはとても勧めやすいポイントになるのではないでしょうか。

それにPerlはとても現代的なプログラミング言語でもあります。
モジュールという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
Perlではモジュールという機能を利用して、短時間でたくさんのことを行うことが出来るのです。
CPANと呼ばれる、誰もが無料で利用できる豊富なライブラリがあるので、Perlをあえて使いたいと考える人は意外と多くいます。
比較的古い言語と言われているPerlですが、いまだに開発は活発だそうです。

きれいにソースコードを書きたいと考えるなら、Perlは最適かもしれません。
先にのべたようにPerlは比較的古い言語ですから、ところどころに古い感じは残っています。
ですが、プログラムの構造ではとても分かりやすく記述することができます。
書き方などは慣れですが、Perlは慣れてしまうと言語として自然な表現ができるのも特徴です。
Perlを選択するときのポイントとしては、テキスト処理が得意で処理速度は高速であること。インストールは簡単で高い後方互換性の維持を特徴としていること。コンパイル作業が必要ないので、すばやく実行できること。現代的な強力なプログラミング言語であること。プログラムの構造を美しく記述することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*