古いものと新しいもの、両方の良さを残していく重要性

Pythonという言語は比較的新しい言語です。
古い言語のように無駄なものや面倒なものはあまり引きずっていません。
簡単に説明すると、言語がきれいで整理されてえいて、とても分かりやすい言語であるということです。
環境にも順応しやすく、クラウド関連でも適応しやすいのです。
次世代では活躍する可能性の高い言語ではないかと思います。

Pythonエンジニアにも同じように高い可能性を求められています。
新しいものは可能性があるということです。
そして言語の場合はただ新しいだけでは意味がありません。
活用されてようやく意味を持つのです。
ですからPythonが今後さきもずっと人気の上がる価値のある言語になるかどうか。
それはこれからどのように利用されるのかによってその価値は決まってくるのです。

新しいものは古いもののがあってこそ、出来てくるものです。
古いからいけないとか、役に立たないといったことはありません。
むしろ古いと言われるものをしっかり理解して、使いこなせるようになった上で新しいものを使うようになれるとより理解も深まります。
このように一見無駄のように見えたとしてて、無駄なものはないのです。
古いものの都合の悪いところを改善して、新しい都合の良いものにしていくのです。

Pythonエンジニアに求められるているものは、新しいものだけを都合よく利用することではありません。
古いものの良いところと、新しいものの良いところ、双方の良いところをうまく活用させることを期待されているのだと思います。
難しくレベルの高い要求ですが、このような期待をされることはPythonエンジニアとして認められているということでもあるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*